読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








INORAN 「apocalypse」

I

apocalypse(初回限定盤)(DVD付)

apocalypse(初回限定盤)(DVD付)

ベスト盤を挟んで、1年2ヶ月ぶりとなるソロ5作目。


正直彼のソロ作を聴くのは 1st 「想」 以来なんですが、あの頃の実験路線が今回まで続いてるわけはなく、所謂ミクスチャースタイルを基盤としつつ本人のヴォーカルがハッキリ前に出た歌モノ J-ROCK となってました。サポートには沼澤尚湊雅史、奈良敏博、葉山拓亮といった強力な面々が並び、緩やかに躍動感を醸すグルーヴ、柔らかな厚みのある演奏は安定感抜群。そこに乗るメロディから滲み出るポジティブな優しさ、肩の力の抜けた大らかさがとても心地良く耳に馴染む。中盤 「千年花」 「Regret」 といったアコギ基調の曲では風通しの良さとともに大陸的なスケール感が広がり、その優しさをより説得力あるものにしてると思います。また愛や自由、平和を高らかに掲げる歌詞は結構 SUGIZO のソロと被る部分もあるんですけど、あっちほどメッセージ性が押しつけがましくなく、あくまでメロディのポップさに添うように歌われてるので変に気にならなくて良い。その辺は各々のキャラクターが出てるようで面白いですね。普遍的なポップスとしての魅力を打ち出しつつ、どの曲にも彼の人柄が自然体で表れてるかのようで好感が持てました。


Rating: 7.6/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia