読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Jónsi & Alex 「Riceboy Sleeps」

Riceboy Sleeps (Dig)

Riceboy Sleeps (Dig)

Sigur Rós のヴォーカリスト、 Jónsi Birgisson を主とするユニットのデビュー作。


昨年の Sigur Rós 本隊の新作は躍動感あるリズムやキャッチーなメロディを導入したポップス回帰作でしたが (前半だけね) 、今作はそれの反動なんでしょうか、ピアノやストリングスの透明感に満ちた響き、 Jónsi 独特の柔らかな中性ヴォイス、また街のざわめきのような環境音も混ぜ合わせ、それらが徐々に高い空へ昇っていくかのような心地良い浮遊感を生み出すという、所謂ポストロックの中でもアンビエント要素のみを抽出したような内容。 「Indian Summer」 「All The Big Trees」 といった曲名もイマジネーションを刺激するし、アブストラクトで幻想的な美しさを描くことに完全に徹してる。聖性すら感じさせるほど清らかな世界ですけども、厳かというよりは開放的で涼やかな風通しの良さが感じられます。しかし正直過去の Sigur Rós と比べてもそこまで差異を見出せないし、8分9分といった長尺がザラだしで、ずっと集中して聴いてると逆に疲れてくる気もする。タイトル通り聴き手を眠らせるという意図であればドンピシャの方向性ですけどもね。ながら聴きとか、何かの BGM にはちょうど良いかもしれません。


Rating: 6.0/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia