V.A. 「くるり鶏びゅ〜と」

くるり鶏びゅ~と

くるり鶏びゅ~と

デビュー10周年を迎えたくるりのトリビュート盤。


基本的にくるりの曲はメロディが淡白なので、カヴァーする側はバンドのグルーヴやヴォーカルの個性、アレンジの妙などでどういう風に聴かせるかが勝負所だと思うのですけども、そういう面で成功してる楽曲は正直少なかったです。むしろその自分の個性を打ち出す、アレンジの妙を効かせるという所に拘り過ぎて、そこから発生するスノッビーな知性が素直にメロディを聴かせることを邪魔してしまってる、というパターンが多い気がします。多彩なアコースティック楽器を用いたポストポップといった風情の anonymassハンバートハンバート、ほんわか丸みを帯びた歌声の矢野顕子二階堂和美、世武裕子といったシンプルな弾き語り勢、それらは楽曲自体の魅力と結びつきそうであまり結びついてないと思う。ていうかカヴァーの方向性が被ってるのが多くて途中でダレてくるんだよなー。個人的に良かったのは獰猛かつ清冽MASS OF THE FERMENTING DREGS、メロディの引き立て方がやはり一番豊かだった松任谷由実、ロック/ジャズ/ラウンジ/エスノなどを融合し濃密にドリップした LITTLE CREATURES 、その辺ですね。総じてくるり界隈のファン以外には薦めづらい内容。


Rating: 5.4/10
Links: 【公式】 【公式(ビクター)】 【MySpace】 【Wikipedia