The Album Leaf 「A Chorus of Storytellers」

Chorus of Storytellers (Dig)

Chorus of Storytellers (Dig)

サンディエゴ出身、Jimmy Lavalle によるソロユニットの3年半ぶり5作目。


彼の作品は以前に 「In A Safe Place」 を聴いたことがあるのみなんですが、その時と比べるとだいぶ変化したように感じます。ライブ時のフルバンド編成による録音というのが大きいかと思いますが、生音の比重が随分と増してオーガニックな暖かみのある印象。またヴォーカルにしても以前の Sigur Ros 的な楽器と同等の扱いではなく、明確なメロディが中心に立った真っ当な意味での歌モノ仕立て。様々な音のレイヤーが柔らかに織り重なって生まれる、過去のエレクトロニカやポストロックを通過してきたが故の心地良い浮遊感、それプラス地に足のついたメロディ構成による安心感というのも存在してる。ただそういった変化はあるにしても、表現する世界観自体には良くも悪くもブレがなく、黄昏時の淡い光を滲ませるような、ノスタルジックで幻想的な美しさというもの。その徹底的に磨き込まれた透明感、無菌状態に近い潔癖さというのが、あまりに綺麗すぎて逆に嘘臭さを感じると言うか、美しさの表現が一辺倒すぎる気がする。これが彼の作風だし好みの問題なのですけども、個人的には前回同様心地良さを感じつつも完全にはのめり込めないという感じでした。


Rating: 6.2/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia