読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Four Tet 「There Is Love In You」

There Is Love in You

There Is Love in You

ロンドン出身、 Kieran Hebden によるソロユニットの約5年ぶり5作目。


初期の頃は様々な楽器の生音/環境音をエディットして空間的に散りばめていく所謂フォークトロニカの筆頭でしたが、この新作ではもはやそのジャンルだけじゃ括りきれない音になってますね。最近の作品で見られていたエレクトロサウンドの比重がさらに増し、丸みを帯びた音でよりカラフルに空間を彩る。そしてリズムは今回えらくダンスプロパーに接近。とは言っても最近のニューレイブ/エレクトロクラッシュのようにキッチュで大味な音では決してなく、シャープに洗練された4つ打ちビートが脈打つ心音のように響き、緩やかに身体を揺らしてくれる。それと同時に以前のアンビエント的な心地良い浮遊感、細部のニュアンスにまで拘った緻密な音響性は健在。繊細な音のレイヤーを足し引きしながらパズルのように楽曲を組み立て、多角的に仕掛けを施して聴き手を翻弄しつつ、その流れの中へ惹きこんでいく。フォークトロニカや IDM を通過した上でのテクノ/ハウスへの回帰といった感じで、空気の中へ穏やかに溶け込むような開放感と、意識を一点に集中させていくミニマルな感覚が同居した、不可思議だけど自然に耳に馴染む独特のサウンド。部屋よりも外で聴きたい系ですね。


Rating: 7.6/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia