読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








トクマルシューゴ 「PORT ENTROPY」

ポート・エントロピー

ポート・エントロピー

海外でも高い評価を受けるシンガーソングライターの、2年半ぶりとなる4作目。


この作品を聴いたあと遡って 「EXIT」 「L.S.T.」 も聴き返してみましたが、この新作が最もポップスとして垢抜けてるように思います。といってもこれ見よがしのベタなポップさではなく、多彩なアコースティック楽器を自在に導入し、素朴で暖かなメロディを仕掛け満載で聴かせる、そういった彼独自の持ち味によるポップさ。先行でリリース済みの 「RUM HEE」 を筆頭に、メロディ/アレンジともによりカラフルさを増した印象で、柔らかい歌声と賑やかな演奏がナチュラルに馴染み、溶け合う。様々な音が雑多に鳴らされているのだけど、それらが緻密な計算の上で適材適所に配置されている感覚もあり、目まぐるしくありながらも風通しは良く、無駄な音がない。さらに斜に構えたスノッブ臭さというのもなく、職人気質な面と同時に無邪気さも兼ね備えてる感じ。このマジカルという言葉がピッタリなバランス感覚の妙、これこそがトクマル印のポップスなのだなと。ピアノ/アコギの弾き語りでも十分に聴かせられるメロディの良質さがあるからこその遊び心。全体の流れも実にスムーズで、さらさら流れる小川のように音がきらめき、流れていく。従来からの魅力がより純度高く結晶化された傑作ですね。


Rating: 8.4/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia