読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








the HIATUS 「ANOMALY」

H

ANOMALY

ANOMALY

シングルを挟み、約1年ぶりとなる2作目。


明確な進化。前作 「Trash We'd Love」 で提唱したピアノエモ路線を継承しながら、それだけには留まらず ELLEGARDEN の頃の骨太なラウド感が取り戻されてるのと、曲によっては MUSE かと思うくらいオペラロック的な外連味、壮大なスケール感がアピールされており、色んな面で聴き応えの増した内容になっています。冒頭から一点突破的な爆発力を見せる 「The Ivy」 、イントロからしてモロに 「Hysteria」 + 「Apocalypse Please」 な 「My Own Worst Enemy」 、ストリングスの鮮烈さに胸を貫かれる 「Insomnia」 、アトモスフェリックな浮遊感がバンドの懐の深さを感じさせる 「Walking Like A Man」 等々、聴きどころは満載。シリアスな翳りと爽快な泣きを纏い、身を削るようにして突っ走る、その勇壮な姿。細美氏らしい作風はブレさせず、エモ/パンク云々よりも純粋に大文字の 「ロックバンド」 としてのパワフルさが宿り、王道をなぞるのではなく自らが王道を作るという、貫禄のようなものすら感じる。前作を聴いた時は 「次作で化けてほしい」 と思ったのだけど、本当に化けててビックリしたよ。充実作。


Rating: 8.0/10
Links: 【公式】 【Wikipedia