読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








凛として時雨 「still a Sigure virgin?」

still a Sigure virgin?

still a Sigure virgin?

1年4ヶ月ぶりとなるフル4作目。


今回は全曲の録音、ミックスを中心人物の TK が担当。それが大きく関係してると思うんですが、鋭くハイファイに研ぎ澄まされた音作りに加え、多角的に鼓膜を刺激する音の配置、極端な音響処理、ノイズの挿入、さらには 「シャンディ」 においてのピアノをフィーチャーしたエレクトロニカ的アプローチと、そういった物理的なギミックが過去最高に目立つ。元々曲作りにおいても圧倒的な手数、強引なリズム展開といった過剰に過剰を重ねる激しさを鳴らしていたわけですが、それに飽き足らずなお過剰を追求。うーむしかし、個人的にはそのギミックによる激しさがどうも頭でっかちなものに感じられてしまうのですね。オープナー 「I was music」 「シークレットG」 などはミックスの必要以上な複雑さが曲の全体像をぼかしてしまってる気もする。しかし演奏のアグレッションと幽玄なメロディが相乗効果で迫り来る 「this is is this?」 「a symmetry」 「illusion is mine」 と秀曲も多いです。バンドの基盤は 「Inspiration is DEAD」 で完全に出来上がってると思うので、そこから一歩踏み出す試行錯誤の段階といった感じですかね。しかしながら前作以上の手応えはあり。


Rating: 6.8/10
Links: 【公式】 【公式(ソニー)】 【MySpace】 【Wikipedia