読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








envy 「recitation」

E

Recitation

Recitation

単独のフルレンスとしては4年5ヶ月ぶりとなる新作。


ポストロック路線へ大きく舵を取った前作を踏まえ、順当に表現の幅を広げた内容だと思います。以前のカオティックハードコアとまではいかないものの、少しばかり速度が戻った場面も散見され、リリカルなスロウパートと繋がって起伏の波を一層大きくする。同時に詩の朗読パートも多くなり、言葉の数々を連ねてより分かりやすく、直接的にイマジネーションを喚起させる作り。ポスト・ハードコアとして彼らが持つ手法を最大限に活用した内容ですが、それでもやはりヴォーカルのパターンが似通ったタイプの絶叫、朗読の2パターンしかなく、それ故の一本調子な感は否めないですね…。ここでのポストロックもやはり先人バンドが作り上げた 「轟音/静寂」 路線の延長線上ですし、作り上げるサウンドスケープは壮大で圧倒的ではあるけれども、新鮮味には欠けるし聴き通す忍耐力も多く要る。前作でも同じように思ったことだけど、個人的には後者の弱点の方が目立ってしまいました。あと中盤の疾走曲 「Dreams coming to an end」 はどう聴いても LUNA SEA で笑った。基本的にベタ好きですよね彼ら。


Rating: 6.2/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia