Gold Panda 「Lucky Shiner」

Luch Shiner

Luch Shiner

ロンドン出身、 Derwin Panda によるユニットのデビュー作。


綺羅星☆! Four Tet のフォークトロニカや The Field のエレクトロ・シューゲイズ、あるいはダブステップ勢などの影響を踏まえ、インスト・ポップとして再構築した美しくロマンチックなエレクトロニカ・サウンド。シャープに脈打つリズムは静かながら確かにダンサブルな躍動を伝え、上モノシンセ類はスタイリッシュな音響性と奔放な遊び心に満ち、まさしく満天の星空のように静謐を湛えた輝きを放つ。全体にほんのり漂うオリエンタルな感触は DE DE MOUSE の世界観に通じる所もあるんじゃないかと。特にそのオリエンタル色を強く感じる 「Same Dream China」 「India Lately」 、クールな4つ打ちが優雅に流れる 「Vanilla Minus」 「Snow & Taxis」 、曲名通りの多幸感に溢れた 「Marriage」 、疾走感と一摘みの切なさが琴線に触れる 「I'm With You But I'm Lonely」 等々秀曲揃いの充実した内容。現在までの様々なエレクトロ・ミュージックを踏襲した音楽性で、決して斬新なサウンドではないかもしれませんが、ここに収められたノスタルジックでエヴァーグリーンな輝きは確実に胸を打つはず。遠い景色に想いを馳せるのはきっと素敵なことですよね。


Rating: 8.6/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia