読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








LITE 「FOR ALL THE INNOCENCE」

L

For all the innocence(初回盤)

For all the innocence(初回盤)

フルレンスとしては3年2ヶ月ぶりとなる3作目。


柔よく剛を制す。国産ポストロック/マスロックの中でも彼らはソリッドに研ぎ澄まされたサウンド、トリッキーな変拍子を多用しつつストレートに響いてくる攻撃性が印象的でしたが、今作ではそこにシンセ/ピアノ/アコギ、またノスタルジックな切なさを感じさせるポップネスを大きく導入し、音の持つ世界観をさらにディープなものにしています。しなやかに流れる感傷的なギターフレーズが印象的な 「Red Horse in Blue」 、強烈なベースラインがスリリングな感覚を打ち出す 「Perican Watched As The Sun Sank」 、パーカッシブなリズムとコーラスによる土着的な躍動感が異色な 「Pirates and Parakeets」 など11曲。このシンセ類に見られる80年代ニューウェーブ要素の濃さと、アレンジの幅を広げてカラフルに聴かせる手法は、質感は違えども最近の Battles が目指す方向と同じベクトルを向いてると思います。そして個人的には LITE に軍配。彼らの作るフレーズは良い意味でゲーム/アニメ音楽的、ある種非常に日本人的なベタさがあり、そのベタさが今回の方向性と綺麗に合致してる。さらなる進化を感じさせる傑作です。


Rating: 8.4/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia