読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Collections of Colonies of Bees 「Giving」

Giving

Giving

US はウィスコンシン出身の6人組による、3年ぶり6作目。


最近は toe や Bon Iver ともタッグを組んで作品を発表している彼らですが (そちらは未聴) 、彼らとは共通項が多数ありつつもまた違ったサウンドを鳴らしています。程良い透明感と、程良いラウド感。ラフに広がる力強さがありつつも繊細さは失わないアンサンブル。夜明けの荒野を思わせるような壮大なスケール感、穏やかさや暖かみなどを感じさせてくれるポストロック・サウンドです。6人という大所帯ではありますが音を詰め込みすぎることはせず、複雑なテクスチャーの重ね合わせがありながらも風通しは良い印象。相反する要素を同居させるバランス感覚に長けていて、痒い所に手が届く感じでナチュラルに耳に馴染む。特に2曲目 「Vorm」 など、荒々しく唸りを上げるドラムが勇壮なムードをグッと引き立てており、ここではない何処かへ向かう物語の始まりのような、イマジナティブで高揚感に満ちた演奏が魅力的。わずか4曲28分という非常にコンパクトな構成ではありますが、そのぶん方向性を絞って奥行きを深くし、彼らの目指す音世界を十分に示した内容になっていると思います。


Rating: 7.4/10
Links: 【公式】 【MySpace