読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








The Rapture 「In the Grace of Your Love」

In the Grace of Your Love

In the Grace of Your Love

ニューヨーク出身の3人組による、5年ぶり4作目。


てっきり 「Echoes」 の一発屋だと思ってたけど、良い意味でしぶといですね彼ら。今回レーベルを再度 DFA に移したとのことですが、音的には前作 「Pieces of the People We Love」 の延長線上。ローファイなインディロックとポストパンク、シンセポップが一体となって展開されるダンスロックサウンドです。前作は DFA の影を払拭しようとしてか随分と力の入った作りだったと思うのですが (一般的に見ればヘナチョコだけど) 、今作はそのオープンな勢いを保ちつつ幾らかリラックスした雰囲気で、シティポップあるいはソウル的とも言えるスウィートなメロディを聴かせる、洗練された流麗さが印象的。 「Sail Away」 「Children」 の爽快な高揚感と 「Come Back to Me」 「Can You Find a Way?」 の何処か淫靡なムード、それらがグラデーションのように色を変え、なだらかな波となって心地良く身体を揺らしてくれる。以前の 「House of Jealous Lovers」 みたいに闇雲なパワーを感じさせるような突出した楽曲はありませんが、トータリティを増して彼ららしいと言えるアイデンティティを更新する好盤かと。


Rating: 7.4/10
Links: 【公式】 【MySpace】 【Wikipedia