読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








住所不定無職 「GOLD FUTURE BASIC,」

J

GOLD FUTURE BASIC,

GOLD FUTURE BASIC,

フルレンスとしては3年7ヶ月ぶりとなる2作目。


ギターがジャカジャーンと鳴ってれば良かった以前のガレージロックな作風からシフトチェンジを図り、渋谷系ラウンジポップへの憧憬を露わにした今作。メンバー4人それぞれが代わる代わるヴォーカルを執り、キーボードやホーンセクションも大々的に導入。洒脱に洗練されたサウンドでキュートなメロディを朗々と歌う、しかし元来のヘタウマな演奏技術であったり、あんまり深く考えてないメンバーの天然っぽさも同時にブレンドされ、出来上がったのはかつての BOaT を彷彿とさせるポップス玉手箱でした。以前にも BOaT 「狂言メッセージ」 をカヴァーしてるし、今作にも AxSxE 本人が関わっているのもあってか、ここに来てますますその影響が色濃く現れてる感が。ただやはり今までのパンチ効いた痛快さがまだ頭に残ってるせいか、上品に澄まして落ち着いてしまったことに対して食い足りなさを覚えてしまったりもする。スルスル流れて頭にあまり残らないのですよね…。単にこの手の音と自分との相性の問題かもしれませんが、この路線で納得するにはもう1枚必要かもなーと。舵取り自体は間違ってないと思うので。

Rating: 6.2/10