読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








2013年間ベストトラック20選


じぇじぇじぇ!もう年末!今年のベスト企画いつやるの?今でしょ!あと倍返し!おもてなし!てことでまずは楽曲編からどうぞ。




20. SHISHAMO 「僕に彼女ができたんだ」

デビューアルバム「SHISHAMO」

デビューアルバム「SHISHAMO」

恋する少年少女はみんなこれ聴いてバンド始めるべき。素のままのガールズポップに宿るミラクルはチャットモンチー以来の衝撃かも。





19. 赤い公園 「今更」

活動休止を経てますます自由奔放になった感のあるアンファンテリブル。この曲は更に広いシーンに打って出ようという気概も感じられて良いですね。





18. 後藤まりこ 「sound of me」

sound of me(初回生産限定盤)(DVD付)

sound of me(初回生産限定盤)(DVD付)

改めて見るとミドリ 「shinsekai」 とほぼ同じジャケットなんですけど、この鋭い目つきはその頃の冴えた鋭さが戻ってきたのかなって。ひとつ繭を破った秀曲。





17. Lillies and Remains 「I Survive」

リリーズはいつだって問答無用に格好良い。これぞ男のロマンティシズム。久々に見た MINAMI WHEEL でのパフォーマンスも素晴らしいものでしたね。





16. きゃりーぱみゅぱみゅにんじゃりばんばん

中田ヤスタカはやっぱり強いなー。これはもう得意中の得意パターンという感じで、分かっていてもハマってしまうダメな自分がいる。





15. でんぱ組.inc 「でんでんぱっしょん」

正直 「W.W.D」 が内容のクドさのせいで好きになれない自分は、純粋な (?) 電波ソングとして単純明快にぶっ飛ばすこっちの方が好きでした。ちなみに最上さん推しです。





14. downy春と修羅

downy 第五作品集『無題』

downy 第五作品集『無題』

今年ようやく奇跡の復活を果たしたダウニー。アルバムに先駆けて公開されたこの1曲の時点でヤバい予感バリバリでした。懐かしさと新しさの混在。





13. kamomekamome 「ナイーブ レターズ」

BEDSIDE DONORS

BEDSIDE DONORS

柏シティハードコアは今回も無双状態。猪突猛進のアグレッションに男らしい泣きのメロディ。ツインヴォーカルの掛け合いもこの曲では一層冴えてますね。





12. Arcade Fire 「Reflektor」

Reflektors

Reflektors

James Murphy による新機軸ももちろん重要な要素だけど、常に彼らは新しい景色を見る時の高揚感を感じさせてくれる、その鮮烈なバンドマジックが今回もバリバリで嬉しい。





11. 妖精帝國 「空想メソロギヰ」

PAX VESANIA

PAX VESANIA

今年のメタル部門大賞は彼女たちで決まり…とか言うと本当にメタル好きな人に怒られそうですねごめんなさい。 「Solitude」 とかも超好き。





10. ハナエ 「変幻ジーザス」

恋は神聖ローマ(初回限定盤)(DVD付)

恋は神聖ローマ(初回限定盤)(DVD付)

何気ないサビの盛り上がりなど、とぼけたようでマエストロの細かい技が効いた秀曲。これくらい垢抜けて力も抜けたのが理論の 4th になってたら大絶賛してたと思うなー。





9. マキシマム ザ ホルモン予襲復讐

予襲復讐

予襲復讐

亮君の主義主張、初期衝動を無理矢理ぶっ生き返して頼んでもないほどの特盛で詰め込んだ、ホルモン流ミュージシャンシップ宣誓曲。あまりにも頼もしい名言の数々。





8. あさき 「天庭」

天庭(初回生産限定盤)(DVD付)

天庭(初回生産限定盤)(DVD付)

アクロバティックにも程がある曲構成に興奮しすぎて思わず笑ってしまった。正しくあさきにしか作れない、彼の魅力の神髄が遺憾なく発揮されています。10分があっという間。





7. パスピエ 「とおりゃんせ」

相対性理論フォロワーかと思ったら東京事変YUKI でした。それらの器用な良いとこ取りでとことん高性能なポップソング。しつこくなりすぎない和風テイストもなお良し。





6. hy4_4yh 「ティッケー大作戦!〜YAVAY」

一度聴いたら最後、脳内ヘヴィロテ確変状態でした。これこそがキャッチーだ!!と言わんばかりのやけっぱちな勢い。クセになるバブルガムの爽快味。ライブ見てみたい。





5. These New Puritans 「Fragment Two」

Field of Reeds

Field of Reeds

緊迫感があって退廃的、なおかつ柔らかなビロードのようにメロディが艶めかしくなぞられる。自分にとって 「ゴシック」 とはこういう美しさだと再認識しました。





4. Primal Scream 「It's Alright, It's OK」

It's Alright It's Ok [Analog]

It's Alright It's Ok [Analog]

「It's Alright, It's OK」 とボビーがそう歌ってくれるだけで2013年は最高だったかなって思うよ。ヘナヘナと力なく歌う様に目も眩む後光が差してる。





3. うみのて 「東京駅」

IN RAINBOW TOKYO

IN RAINBOW TOKYO

おそらく今年最も歌詞に惹かれた曲。冷凍都市を切り取ったリアルな情景描写に強く惹きつけられました。終始がなり立てるライブテイクの方が遥かに説得力がある。笹口騒音は現代のプロフェットと成り得るか?





2. tofubeats 「Don't Stop The Music feat. 森高千里

「水星」 の時期にリアルタイムで乗れずに歯噛みしてた俺にワンチャン到来。しかもアイドルブーム真っ只中のこのご時世にまさかの大御所召喚でデビューですよ。ストーリーとして出来過ぎてると思った。あと森高千里の声ってこんなに魅力的だったんだ…って。





1. Daft Punk 「Get Lucky」

Get Lucky

Get Lucky

今年は何と言ってもゲットラッキー!今更彼らが EDM やってもなあ…などと思ってた隙にカウンターの痛烈な一発。超絶スウィートなディスコ/ファンク/ソウルに完全腰砕けにされました。彼らのおかげでこの辺のサタデーナイトフィーバーな音楽性の魅力がようやく掴めた気がします。





こんな感じで今年はいつも以上に Kawaii アイドルポップが多くなりつつ、温故知新的なものがテーマだったのかもしれませんね。正直ダフパン1位はちょっとベタすぎやしないかとも思ったのですがまー仕方ない。曲単位で言えば間違いなく今年一番よく聴きました。


アルバム編に続きます。