読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Thee Silver Mt. Zion Memorial Orchestra 「Fuck Off Get Free We Pour Light on Everything」

RCMD T

Fuck Off Get Free We Pour Light On Everything [Explicit]

Fuck Off Get Free We Pour Light On Everything [Explicit]

Godspeed You! Black Emperor のメンバーを擁する5人組の、4年ぶり7作目。


例えば Television や Fugazi をパンクバンドとして捉える時、自分が持つ所謂パンクのイメージとのギャップにいささか戸惑うと同時に、パンクという音楽の無限の可能性に胸が躍る心地になるのですが、そういう意味でこのバンドも偉大なる先人達と同線上に在ると思うし、それらに匹敵する力強いカタルシスを感じさせてくれます。本隊 GY!BE が長い時間をかけ、丹念に丹念を重ねて壮大な轟音を紡ぎ上げていくのに対し、こちらはもっとラフで直接的にダイナミック。大らかにうねるグルーヴや、様々な管弦楽器を用いたアンサンブルは本隊同様の壮大なスケール感を見せますが、砂塵を巻き上げるようにして放たれるインディ・オルタナティブのささくれ立ったサウンドからは、コアの部分にパンクの信条を確かに感じ取ることができます。ヴォーカルも大々的に取り入れられており、時折むせび泣くような切迫したエモーションを見せるその様は Win Butler (Arcade Fire) を彷彿とさせたり。特に第5曲 「What We Loved Was Not Enough」 は深い悲愴と生々しく力強い熱が混じり合い放たれる、あまりにも美しい11分。

Rating: 8.4/10