読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER 「ETERNAL ADOLESCENCE」

ETERNAL ADOLESCENCE

ETERNAL ADOLESCENCE

日暮愛葉を中心とするユニットの、14年ぶりオリジナル6作目。


復活作ではありますがメンバー編成は以前と全く違います。中尾憲太郎や一ノ瀬雄太が参加して真っ当なロックバンドとしてビルドアップされた今作は、今までよりもハードな仕上がりになるかと思いきや、まあそういう側面もあるのはありますが、基本的にはあくまでもシーガルとして、日暮愛葉としてのセンスを改めて提示する作品となっています。ガレージテイストのラフなロックンロールは、愛葉氏の気だるげな中からセクシーさとキュートさが仄かに匂い立つヴォーカルで、刺々しさと同時にスタイリッシュな気品を感じさせる。何気ないスキャットにも彼女のロックンロールに対する愛着とユーモアが含まれており、コートニー的な破天荒さやライオットガールとは距離を置いた、冷静な客観性が透けて見えるあたりはやはり渋谷系の流れを汲んでると思います。2分台の楽曲が多く、余計なことはせずにスパッと始まってスパッと終わる。キャッチーさよりもザラついた音のクールな刺激が何より大事。それを支えるのは知性と美学。 「Fuckin' Blue」 のようなスウィートな楽曲も潜んでいるあたりも美学的なものなのだ。

Rating: 7.6/10



Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her - Damn’ it I know what I am (MV)