読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Kalafina 「far on the water」

far on the water

far on the water

2年半ぶりとなる5作目。


表題にある 「水」 のイメージと言えば、例えば清涼感や浮遊感、癒しといったあたりが一般的かなと思いますが、今作は荘厳な雰囲気が比較的強く表れており、随分と力みが入っているのが少々意外でした。相変わらずの鉄壁コーラス/ハーモニーを目一杯打ち出した 「五月の魔法」 「灯影」 のクラシカルな重厚さは彼女たちならではのものだし、 「identity」 「One Light」 のようなエネルギッシュなロックチューンも存在感を強く発揮してる。ただ全体としては Kalafina として従来から見せてきた魅力を今回も手堅く打ち出したという感じで、クオリティの高さは確かにあるけど新鮮味はない。プロデューサー梶浦由紀の作曲フォーマットが、さすがにアルバム5作目ともなるとかなりパターン化してきて、既視感のあるメロディもぽつぽつ見られるし、音楽性の広がりが頭打ちになってきてる気がしますね…。彼女たちの歌声が幻想的でドラマチックな楽曲に最も良く映えるというのは分かるのですが、音楽的にもうちょっと冒険してみても、そう簡単にこのユニットの個性が損なわれることはないと思うんですけどね。ポテンシャルを持て余してるような気がする。

Rating: 6.0/10



Kalafina 『far on the water』TV Ver.