読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








!!! (chk chk chk) 「As If」

As If [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC481)

As If [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC481)

カリフォルニア出身の6人組による、2年半ぶり6作目。


元々は人力ディスコパンクを主とし、様々な音が闇鍋のごとく混ざり合ってカオティックな狂騒を生み出すバンドでしたが、ここ最近はどんどんソフィスティケイト化が進行し、純正の 70's ファンクバンドへと変貌してきている彼ら。この新作ではその洗練度をさらに更新しています。いい塩梅に粘り気を持った4つ打ちビートのファットなグルーヴ、エレクトロニックな質感の増した流線型サウンド。 Nic Offer のヴォーカルもアジテーション/咆哮に近いものだったのが、ここでは R&B 風の嫌にセクシーな歌声が何だかポップスター然としていて可笑しくなってしまう。楽曲によっては Daft Puk ばりのフィルターハウスにも突入してるし、 「Every Little Bit Counts」 に至ってはもはや渋谷系ネオアコポップ?まあ細かなジャンル分けはいいですが、要するにグルーヴィであるかどうか。これだけが重要事項。おそらく彼らなりに近年のダンスポップの流行を嗅ぎ取っているのかもしれませんが、もともとフロアを燃やすことに全霊を捧げていたバンドなだけに、肉感的な即効性に関しては申し分なし。本質を失わない変化、自分は支持したいです。

Rating: 7.8/10



(Chk Chk Chk) - Freedom! '15 (Official Lyric Video)