読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Grimes 「Art Angels」

Art Angels

Art Angels

3年10ヶ月ぶりとなる4作目。


昨年 「Go」 の MV を発表した時はファンからセルアウトだと叩かれ、来たるはずのアルバムを全てボツにしてしまったそうで。しかし改めて完成した今作でも彼女は野心を捨てていなかった。いかにも宅録らしいチープな音像、内省的なムードの中でスウィートなメロディが紡がれていた前作とは対照的に、曲調の幅もアレンジの華やかさも一気に増大。彼女ならではの音響処理による不可思議なアトモスフィアが流れつつ、明らかにアッパーに突き抜けた 「Flesh without Blood」 「Artangels」 、したたかに扇動的な彼女なりのハードコア 「Scream」 「Kill V. Maim」 など、今まで抑圧されていたものが解き放たれたかのようにパワフルで奔放な内容。個人的には川本真琴 「gobbledygook」 や大森靖子 「洗脳」 を思い出したり。しかしバブルガムに寄ったぶん前作での濃密なムードから滲み出す蠱惑的でミステリアスな感覚は薄れてしまい、順当な進化ではあるものの少しばかり寂しい気持ちにもなってしまう。本当の意味でポップスに徹しようとする Chvrches に対し、良くも悪くも自意識の強さが表れた彼女の音はスノッビーな香りがツンと鼻を突いたりもしますしね。

Rating: 6.7/10



Grimes - Flesh without Blood/Life in the Vivid Dream