読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








ASYLUM 「CRYSTAL DAYS」

A

Crystal Days

Crystal Days

Gazelle を中心とする4人組の、1987年に発表された初フルレンスの再発盤。


この作品がリリースされた年のインディーズ年間セールス1位を記録しており、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったと聞きます。トランスレコードの方向性に沿ってかノイズ/アヴァンギャルドの要素も多分に含んでいますが、それと同等にパンク/ハードコア、ハードロック、ゴシック/ポジティブパンクといった様々なジャンルを内包し、前回の YBO² に比べるとずっとポップで取っつきやすい。湿っぽく繊細なダークネスから豪快なメタルリフに急転するなど楽曲の方向性がまちまちだったり、多くの曲が3分未満でフェードアウトしたりでかなり荒削りな印象を受けるのですが、その中でやはり Gazelle のヴォーカルの存在感は目立ってますね。細い線ながらもヒステリックに叫び、纏わりつくように面妖なメロディを歌う。歌詞もどストレートに退廃的、抽象的な耽美のお手本のような世界観で、例えば D'ERLANGER や初期黒夢など、90年代前半の第一次ヴィジュアル系ブームに直結する要素が満載。良くも悪くも時代性を強く感じる内容ではありますが、聴き方によっては DEAD END や X 、 BUCK-TICK 以上に影響力の大きな作品かもしれません。

Rating: 7.0/10