読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Animal Collective「Painting With」

Painting With

Painting With

約3年半ぶりとなる10作目。


密林の奥地で湧き立つ泉のようなサイケデリアから、ジャンクでシットなシンセポップの落書きへ。前作「Centipede Hz」がその中間地点に在ったとするなら、今作はさらにジャンク方面へと足を一歩踏み入れたフリーキーな内容になっています。やたらと硬質な鳴りで脈打つビートは酩酊ではなく覚醒を促し、メンバー各人の歌声をエディットした後に再連結したぎこちないメロディ、そしてビヨンビヨンと気ままに空中浮遊する不可解なシンセ類。これまでの彼らの必須ファクターであったディープなエコー/リバーブ処理は意識的に抑えられ、そのぶんエレクトロニックな感触が前面に打ち出されています。それは全体的な音像がシンプルになったとも言えますが、ギトギト原色でキャンバス一面を塗りたくった悪趣味なポップ感覚は変わっておらず、B級感覚がより剥き出しの刺々しいままで曝されているような状態。そのアグレッシブな感覚と同時にやたらと陽性で人懐っこいメロディセンスも同等に発揮され、痛快なんだけどむず痒い、なんとも釈然としない聴き心地。実験室にこもって独自の研究を続けるスプーキー集団だという彼らの姿勢は相変わらずなのでした。

Rating: 7.3/10



Animal Collective - FloriDada (Official Video)