読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








パスピエ「&DNA」

P

&DNA(初回限定盤)

&DNA(初回限定盤)

1年4ヶ月ぶりとなる6作目。


作品を重ねるごとに BPM はライブ向けの速さに、アレンジは密度を増す方向に向かっていた彼ら。ここで少々揺り戻しが働いています。メロディは相変わらずの高性能なポップネスを保ちつつ、アップテンポな楽曲でもあくまで瑞々しさや切なさを立たせるように、バックはほどほどの情報量に抑えて風通しを良くした仕上がり。特に耳を惹いたのは彼らならではの和メロセンスの良さを再確認できる「永すぎた春」、アンビエント風の透明感が際立ったシンセポップ「DISTANCE」、同じく透明度の高いシンセと軽やかな疾走感の中に寂寥も入り混じる「スーパーカー」あたり。以前よりも肩の力が抜けて落ち着いたぶん、彼ら本来のしなやかさや飄々とした感覚が改めて浮き彫りになり、なおかつメジャーバンドらしい窓口の広さ、密かにエモーショナルな表情も見られるという。もはや手練れの余裕すら感じるのですが、この方向転換はここ最近の挑戦的な作品からの反動であると同時に、昨今のロックフェス対応化のムーブメントから抜け出して自身の表現を目指していくという宣言なのかもしれませんね。何にせよ、彼らのクリエイティヴィティは未だ健在。

Rating: 7.4/10



パスピエ - メーデー, PASSEPIED - Mayday [Short Ver.]