読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








女王蜂「Q」

Q

Q

約2年ぶりとなる5作目。


前作「奇麗」においても良い意味での音の軽さ、風通しの良さが印象的でしたが、今作ではその方向性を突き詰め、より大胆にポップに向かっています。オープナー「アウトロダクション」からピアノ、ストリングスに合唱隊まで盛り込んだ壮大なアレンジに驚かされ、続く DAOKO 参加の「金星」ではほぼリミックスとも言える大幅なエレクトロニクスの導入、その他にも以前よりはっきりとファンク/ディスコ的なダンスグルーヴを追求した楽曲が揃い、さらにオープンに開かれたムードが眩しく映る。それは昨今のメインストリームへの目配せでもあるだろうし、元々彼女らの内にあったフィジカルな快楽への意識を高めた結果でもあるのでしょう。ただこのポップサイドについては、メロディやコードをいささか捻り過ぎて情感が伝わりにくくなっているように感じるのと、後半に据えられた表題曲「Q」や「雛市」といった情念山盛りバラード曲との乖離が気にかかってくる。確かにどちらも女王蜂の魅力として必須な要素ではあるし、毒を抜き過ぎても個性が失われるしで難しいバランスではあると思いますけどもね。個人的には過渡期的な習作という印象でした。

Rating: 6.3/10



女王蜂 『DANCE DANCE DANCE』(Full Ver.)