HYDE 「anti」

ANTI (初回限定盤A)(Blu-ray付)

ANTI (初回限定盤A)(Blu-ray付)

ソロとしては約13年ぶり4作目。


少し前に ONE OK ROCK の新譜が「洋楽っぽくなってしまった」と賛否を分けていたのが話題になっていたかと思いますが、それは単なる邦楽リスナーのゼノフォビアというわけではなく、海外進出を志向するあまり本来持っていた個性がひどく薄れてしまい、手段と目的があべこべになっているのではという懐疑なのだと思います。そして自分はこの HYDE の新作にも近い感覚を覚えました。最近だと Bring Me the Horizon を筆頭とする、言わばニューメタル以降の洗練されたメタルポップ路線で、VAMPS の方向性がより焦点を絞って純化されたとも言えます。インタビューでも海外ツアー/フェスへの高い意欲を語っていたし、流暢な英詞も相まって欧米圏へ進出する準備は万端という感じ。ただ従来の耽美なポップネスはうっすら残された程度で、悪い意味でも海外アクトと並べて遜色がないと言うか、区別がつかない。今現在の彼にとってこの音が最もリアルだというのなら仕方ないですが、今更になって彼がこの音を演る意味が果たしてあるのか?という思いはどうも拭えない。むしろ世界の何処にもない個を突き詰めたアクトこそが海外で評価されるのではと。

Rating: 5.7/10



HYDE「ANOTHER MOMENT」(Album「ANTI」収録)- オトナの土ドラ「仮面同窓会」エンディング映像