読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








V.A. 「HUSKING BEE」

V.A.

2005年に解散した HUSKING BEE のトリビュート盤。


俺は今までハスキンやハイスタ、ブラフマンといった所謂パンク/メロコア系のバンドをほとんどスルーしてきたんですが、それはカラッと明るく突き抜けたメロディやいかにもライブ向けといった体育会系なノリが好みに合わないという単純な理由でして。そんでこのアルバムが俺にとっての初ハスキンなんですが、初期〜中期の楽曲についてはその苦手意識は変わらないなーと。いつもの味を出した toe やアコースティック仕立ての FINE LINES 以外はほとんど実直なパンクサウンドで、やはりずっぽりとはのめり込めない状態。でも後半になるとパンクから抜け出して大らかな哀愁を湛えたミドル曲が中心になり、別の魅力が出てきてますね。トラッドな雰囲気が心地良い OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND や、異形のエレクトロ・ハードロックが鮮烈な BACK DROP BOMB 辺りは面白いカヴァーで引き込まれる。単純に楽曲として好きなのは 「ロバの口真似」 かな。 ASPARAGUS の鼻にかかったヴォーカルも上手く合ってると思います。そんな感じで個人的には結構冷静に聴いてたんですが、ハスキンファンの人は楽しめるんじゃないかと。トリビュートってやっぱり思い入れが大切ですね。


Rating: 6.6/10
Links: 【公式(トイズファクトリー)】 【特設サイト