ヤマジカズヒデ 「ソロ BOX SET 3枚組」

ヤマジカズヒデ ソロ BOX SET 3枚組

ヤマジカズヒデ ソロ BOX SET 3枚組

dipヤマジカズヒデが91〜94年に発表したソロアルバムをまとめた再発盤。


dip は最近の作品しか聴いてないのでアレなんですが、その本体とは随分違うイメージで驚きました。 1st 「Sunday Paffce」 はギター弾き語りのシンプルなフォーク曲がメイン。ヘタウマながらメロウな歌と日常をリリカルに切り取った歌詞がハッキリと中心に立ち、淡々とした曲調で枯れた哀愁を感じさせる。しかもえらく手作り感が強いというか、趣味で作ったものを部屋で録ってそのまま出しました、みたいな感じ。 「天使」 とか何気なくほのぼのしてて良いですね。 2nd 「Crawl」 は基本的に同じ路線ですが、少し凝ったアレンジを加えて広がりを見せつつ、マニアックな要素が強くなってる。そして 3rd 「400 Moai Eyes」 はもともと映画のサントラ用に作ったらしく (結局その映画はお蔵入り) 、ミニマルトライバル 「Big Stone」 やアヴァンギャルドなオルタナ曲 「Lust for Life」 、笑うしかない直球GS歌謡 「太陽の中の恋人達」 「月夜におねがい」 と無節操なレンジの広さが強烈な怪作。コレはコレでやりたいようにやったって感じでしょうか。総じてファンアイテムの域を越えてるかと言われると微妙だけど、今聴いてもさほど古臭さは感じないし、色んな意味で意外性に溢れた面白い作品だと思います。


Rating: 7.0/10
Links: 【公式(dip)】 【Wikipedia