DEZERT 「black hole」

【Amazon.co.jp限定】black hole (通常盤) (デカジャケット付)

【Amazon.co.jp限定】black hole (通常盤) (デカジャケット付)

  • アーティスト:DEZERT
  • 出版社/メーカー: SMM itaku (music)
  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: CD
2011年結成の4人組による、1年3ヶ月ぶり4作目。


前作「TODAY」を聴いた時に自分は複雑な思いを抱いていました。ここ10年ほど大きなパラダイムシフトが起きないままシーン全体の規模は縮小化を続けている、そんな現在のV系シーンに危機感を察知した彼らは、ヘヴィサウンドの整理やメロディのスケール感の拡大といったテコ入れでひとつの風穴を開けようとしていました。しかしそれは従来の個性を薄める結果にも繋がり、その心意気には同調したいものの寂しさも拭い切れなかったというのが正直な所。しかしこの新作で彼らはまた新たな可能性を示しています。デス声の使用こそ無いものの演奏のアグレッションには揺り戻しが起こり、不協和音スレスレの奇怪なフレーズも効果的に挿入され、存在理由を探し求める歌詞のナイーブさが不穏なダークネスで引き立つ。「バケモノ」「True Man」のような正統派V系曲がある一方、「半透明を食べる。」「御法度」などは米津玄師や wowaka 以降の潮流への目配せを感じたり、「ラプソディ・イン・マイ・ヘッド」「感染少女」では本来のアクの強さが炸裂。前作でのチャレンジをきっちり消化した内容は、これこそ「メジャーシーン向きの DEZERT」と言える納得の手応え。

Rating: 7.8/10



DEZERT 「バケモノ」【Official Music Video】

坂本真綾 「今日だけの音楽」

今日だけの音楽(Blu-ray付初回限定盤)

今日だけの音楽(Blu-ray付初回限定盤)

  • アーティスト:坂本真綾
  • 出版社/メーカー: フライングドッグ
  • 発売日: 2019/11/27
  • メディア: CD
約4年ぶりとなるオリジナルフルレンス10作目。


多彩な作家陣が参加してのヴァラエティに富んだ楽曲群ではありますが、シングル既発曲を多く含んでいた前作「FOLLOW ME UP」に比べると、アルバム全体の筋道が綺麗に整理された、オリジナル作としてのトータリティを感じさせる内容になっています。その中で特に重要な役割を担っているように見えるのが、昨今のオルタナティブ R&B の潮流を意識した大沢伸一作「ホーキングの空に」、伊澤一葉による流麗な美しさのジャズナンバー「お望み通り」、そしてクセ控え目ながらいかにも川谷絵音らしい「ユーランゴブレット」「細やかに蓋をして」あたり。方向性はまちまちですが、真綾さんにとってはいずれも目新しい試みであり、しとやかな憂いを纏ったムードが彼女の歌声と驚くほどにマッチしている、という点では共通しているかと思います。微かな震えの中に情感を宿した涼やかな歌声、それは以前のあどけなさや凛々しさではなく、風通しの良い余裕や落ち着いた気品を匂わせる。そんな現在の真綾さんのスタイルを引き立たせるには十分効果的な楽曲群。これまでの作品がそうであったように、確実に「今」を反映した内容ですね。さすがのアルバム表題。

Rating: 7.5/10



坂本真綾 - 『今日だけの音楽』ショートムービー(ダイジェスト)