読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








大森靖子「kitixxxgaia」

O

kitixxxgaia

kitixxxgaia

1年ぶりとなる5作目。


リード曲「ドグマ・マグマ」の歌詞中にもある、男でも女でもない性別、白でも黒でも黄色でもない人種、またその他にも生い立ちや職業、性格などでマジョリティとされる範囲から外れてしまう人々。今作に参加してるの子(神聖かまってちゃん)もその外れた範囲に属する一人ですが、の子は深く傷つき葛藤しながらも、マジョリティに真っ向から立ち向かって変わることを選んでいます。その変化を成長と呼ぶか日和ったと呼ぶかは人次第かと思いますが、どちらにしろ彼は挑戦を選んだ。大森靖子の場合はおそらくその逆。マイノリティはそのままに、世界の方を変えようとしてる。もしくはマイノリティがマイノリティのままでいられる世界を作ろうとしてる。その世界を「キチガイア」と名付けたらマジョリティの大人達の事情でタイトル変更を余儀なくされたというオチ。キャッチーな放送禁止用語や流行語の多用、オーバープロデュースなアレンジなど良くも悪くも下世話で痛々しいセンスは相変わらずで、個人的にはやはり苦手意識の方が勝ってしまうのですが、それでも「個は個のままでいい」という彼女のメッセージの本質に救われる層はきっと多いでしょう。

Rating: 6.0/10



大森靖子「ドグマ・マグマ」Music Video/YOUTUBE Ver.

LOVE SPREAD「SAYONARA FOREVER (The Shape of J-POP to Come)」

L

SAYONARA FOREVER (The Shape of J-POP to Come)

SAYONARA FOREVER (The Shape of J-POP to Come)

2014年結成の2人組による初フルレンス。


メンバーの2人は日本人ですが現在は NY 在住。作品には J-POP 来るべきものと冠し、J-POP の秘める可能性をワールドワイドに提示しようと画策しています。音ゲーコントローラーをサンプラーに改造して繰り出されるのは、ピコピコのチップチューンを力強くブーストした痛快エレクトロポップ。縦横無尽に散りばめられたキラキラの上モノシンセ類、フリーキーに暴れまくりの大味なビート、ついでにメロディもとことんスウィートでキャッチー。ちょうどおもちゃ箱をひっくり返したような…というクリシェがよく似合うやりたい放題のキッチュさ。それは昨今の HARAJUKU KAWAII スタイルからの延長線上にあるものだろうし、女性メンバーの Narumi はどうやら関西出身で、学生時代から FLAKE RECORDS に通い詰めていたほどの音楽フリークとのことなので、もしかすると Limited Express (has gone?)ZUINOSIN など関西ゼロ世代の血も注入されているのかもしれない。ライブ現場のカオティックな狂騒が目に浮かぶ「Myrtle-Wyckoff」、歌詞のキツさが浮き彫りにされた「きっと目を開けてもいいことなんか何もないから」など、エグみも甘みも満載の10曲。

Rating: 8.0/10



LOVE SPREAD - Myrtle-Wyckoff