BAD HOP 「BAD HOP HOUSE」

BAD HOP HOUSE

BAD HOP HOUSE

  • BAD HOP
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1800
川崎出身の8人組による、9ヶ月ぶりのリリースとなるミニアルバム。


先日の Zepp Tokyo ワンマンは彼らにとって大きなチャレンジだったかと思いますが、蓋を開けてみれば大入大盛況だったようで何より。残念ながら自分は行けなかったのですが、ちらほらネット上に流れている動画を見たところ、アンダーグラウンド・ヒップホップとしてのスジを通しながらも、思った以上にエンターテインメント性に溢れた内容だったようで、グループの持つスケール感が日に日に増しているのを実感します。そのライブのステージにも聳え立っていた「BAD HOP HOUSE」。地元川崎に深い根を張り、同調できる仲間と徒党を組み、果てしない野心を持って世界に向けて発信する、その拠点であるところの「家」というモチーフ。それはメンバーの結束力の高さを象徴するものでしょうが、確かに彼らのチームワークはリード曲「Kawasaki Drift」で存分に発揮されています。以前よりも各 MC のキャラクターの差異が強調され、硬軟のメリハリをつけて目まぐるしく展開するマイクリレーは実に華やか。楽曲的には以前と同様にトラップがベースで大きな驚きはないですが、ラッパーとしての個性は確実に鍛えられてる。タフな前進を見せつける一枚です。

Rating: 7.3/10



BAD HOP / Kawasaki Drift (Official Video)

THE ORAL CIGARETTES 「Kisses and Kills」

Kisses and Kills 初回盤

Kisses and Kills 初回盤

奈良出身の4人組による、1年4ヶ月ぶり4作目。


ムックのトリビュート参加や LUNATIC FEST. への出演、ヴォーカル山中拓也に至っては VIVA LA ROCK で L'Arc~en~Ciel「HONEY」を熱唱するなど、やたらとV系との親密っぷりが目立つ彼ら。所謂ロキノン系の中では例えば凛として時雨9mm Parabellum Bullet なんかもV系からの影響が汲み取れましたが、このバンドの場合はもはや汲み取るどころではなく、むしろロキノンに寄せているV系なのでは?というくらいにモロ。もちろん彼らはノーメイクだしメタル要素こそ薄いものの、シンコペーション多用のつんのめる疾走感や耽美意識がダダ漏れになっているビブラート/ファルセットと、V-ROCKとしての条件は十分すぎるほど満たしていると言えます。特に「トナリアウ」ではラルクやらを通り越してゼロ年代初頭の ElDorado とか思い出したし、「PSYCHOPATH」は初期バロックなどダーク寄りオサレ系の再解釈のように聴こえて仕方ない。そんなとこ再解釈してどうするんだ。こんなバンドが今の時代に武道館や城ホールまで完売させているというのは内心複雑と言うか、本チャンのV系バンドももうちょっと頑張ってくれよってなりますね。余計なお世話か。

Rating: 7.0/10



THE ORAL CIGARETTES「PSYCHOPATH」Music Video(Short ver.)-4th AL「Kisses and Kills」6/13 Release-