読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








Nails「You Will Never Be One of Us」

N

You Will Never Be One of Us

You Will Never Be One of Us

カリフォルニア出身の3人組による、3年3ヶ月ぶり3作目。


おっ、何だか芸が細かくなってきてるぞ!プロデュースは前作に引き続き Kurt Ballou 大先生。硬さと重さとフットワークの軽さを両立させたプロダクションは相変わらずの手腕です。ただ前作「Abandon All Life」が終始ブラストしっ放しの本当にドシャメシャな作品だったのに対し、今作ではスピードを適度に落として印象的なフレーズ、激しい中にもロックンロール的なうねりのあるグルーヴを取り入れ、無機質なグラインドコアから一歩奥に踏み出した内容となっています。3連リズムでワッシワッシ死屍の山を蹂躙していく「Made to Make You Fail」、ハードロックの重厚さをガッツリ組み込んだ「Violence is Forever」など、不意を突く聴き所は多数。まあそうは言っても収録曲のほとんどが2分未満、トータル10曲で21分という馬鹿っぷりは相変わらずなのですがね。そしてクローザー「They Come Crawling Back」は唯一の大曲。鋭いリフが爆発したり怨念をズルズル引き摺り倒したりの音楽拷問8分間。発する気の凄味という点では前作に譲るのですが、意欲的な前進は感じ取れる。引き続きムカムカしてる時にお世話になりそうです。

Rating: 7.6/10



NAILS - You Will Never Be One Of Us (OFFICIAL MUSIC VIDEO)

Mitski「Puberty 2」

RCMD M

Puberty 2

Puberty 2

NY 在住、ミツキ・ミヤワキによるソロユニットの4作目。


オープナー「Happy」の冒頭における不穏なシンセ音、これは歌詞中にある電車の音を模したものだそう。それを知ってから曲を聴くと、歌詞中の情景が眼前に一気に開けるような感覚を覚えました。安寧から孤独へ、愛から憎へ、生から死へ。絹のような滑らかさを持った彼女の歌には悲喜交々が様々な形で混ざり合い、行間のニュアンスに富んだものとなっています。アカデミックな出で立ちでありながら実際の楽曲は振り幅が広く、自由度の高いバンドサウンド。牧歌的なフォークソングからラディカルなパンクロック、激情を露わにするオルタナティブグランジへの接近、また場面によってはエレクトロポップの意匠も見られるなど、インディロックの枠内をしなやかに遊泳し、主役である歌の持つポテンシャルを大きく拡張させています。特にドラマチックな抑揚の強い「Your Best American Girl」は祈りのような力強い輝きを放ち、終盤「Crack Baby」では曲名から察せられる「亀裂」への偏執的な嗜癖が深い闇を纏って歌われる。上品な知性、優雅さを保ちながら裏側にはライオットガールの衝動も垣間見え、そこに流れる血は確かに熱いもの。

Rating: 8.4/10



Mitski - Happy (Official Video)