読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








DYGL「Say Goodbye to Memory Den」

Say Goodbye to Memory Den

Say Goodbye to Memory Den

2012年結成の4人組による初フルレンス。


Arctic Monkeys みたいなバンドは日本にも割といた。けけど The Strokes みたいなバンドってそう言えばあまり見なかった気がする。コレがソレ。必要最小限の装飾しかない簡素なフォルム、しかしそれがやたらとスタイリッシュで優美なものに映る、ある意味誠実なオールディーズ趣味のガレージ・ロックンロール。少ししゃがれた声で英語詞を力なく歌うヴォーカルも Julian Casablancas を想起させるし、極めつけにはプロデューサーが Albert Hammond Jr. ときた。リバイバルリバイバルというわけです。まあオープナー「Come Together」では Joy Division 、「Thousand Miles」では The Smiths を彷彿とさせるといった幅広さもあるし、他にも細かく見れば違う部分はそれなりにあるだろうけど、それにしても随分と影響があからさまで微笑ましくなるレベル。本家ストロークスが「Is This It」を発表した2001年は、ロックの原点回帰が当時のシーンへの痛快なカウンターとして機能していたと思いますが、2017年の現在は海外では R&B やヒップホップがすっかり主流。日本はガラパゴス現象でわけがわからないことになっている。彼らの登場もまた必然だったということか。

Rating: 7.5/10



DYGL - Let It Out (Official Video)

sione「ode」

ode

ode

湯川潮音の別名義によるデビュー作。


これまで純朴な歌を基調としてきた彼女にとって、今作は大きなチャレンジ。プロデューサーを盟友 world's end grilfriend が務め、彼女のヴォーカルは楽曲の主要素ではあるものの、他の管弦楽器や電子音とほぼ同等の扱い、あくまでひとつの「楽器」として機能しています。歌詞は一切無く、その声の響き、音程の変化や震え方のみで情感を伝える、彼女なりのアンビエントエレクトロニカ。リード曲「Wealth of Flowers」はその清らかさや浮遊感から Sigur Rós を連想させたり、「Golden Age」では曲調のゴシックな重々しさと相まって、これまでとは違った緊張感を強く伝える。ただその一方で、純粋な歌モノと言えるくらいにヴォーカルが前に出ている「ivy」や「Kemono」なんかは、敢えて歌詞を無くして声のみにするメリットというのが見出しにくかったり。歌詞によって特定のイメージを植え付けることを避け、解釈の自由度を優先させた結果かもしれませんが、その透明度の高さは逆に悪い意味でのイージーリスニング的な、取っ掛かりのなさに繋がる危険性もあるかと。クリーンな楽曲が多いのもあり、その辺のジレンマは最後まで気にかかりました。

Rating: 6.2/10



sione(aka 湯川潮音) / Wealth of Flowers / MUSIC VIDEO / 2017.04.15 release