読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








kowloon 「metallic, exotic」

K

metallic, exotic

metallic, exotic

2005年結成の3人組によるフルレンス2作目。


メタリックとは洗練であり、エキゾチックとは妖艶。キーボード担当の中村圭作は toe のサポートを務めていたり、今作のエンジニアも toe の美濃隆章が手掛けていたりと、何かと toe との縁が深いこのトリオ。音的にも高度なテクニックとインテリジェンスに裏打ちされたジャムセッションインストゥルメンタルという所で、 toe との共通項は多いと思います。しかしこちらはもっとフュージョン的な要素が濃く、スタイリッシュに研ぎ澄まされた質感。空間的に拡散するシンセ音は冷たくミステリアスな夜の匂いを醸し、太くタフなうねりを見せるリズム隊はアンサンブルに緊張感を付加。曲によってはフルートの音色が加わって流麗さをさらに引き立てたり、表題曲 「metallic, exotic」 では歪んだギターが入って一気にロック度を増したりと、基盤となるスタイルを通しながら様々な試みも随所にあり。ただ toe のリリカルな優しさと内なる激情、あるいは mouse on the keys の技巧を駆使したスピード感などと比べると、こちらはムーディで洒脱な雰囲気 (あるいはその知性) に酔うような向きがあり、それが個人的に肌に合わない部分も。結局これといった決め手に欠ける気がする。


Rating: 6.2/10
Links: 【公式】 【MySpace