神聖かまってちゃん 「8月32日へ」

8月32日へ

8月32日へ

8ヶ月ぶりとなるフルレンス3作目。


果たして神聖かまってちゃんオワコンなのか?そもそも出で立ちがアレなだけに他のバンドよりも加速度つけて消費され、いつ消えてしまうともわからないタイトロープを渡るような彼らですが、リリース/映画/フェス/テレビ出演を重ねてトピックを絶やさない活動ペースに、まだまだ枯れてたまるかという意地を感じたりもする。んで今作。自分だけの世界で心地良く微睡む 「コタツから眺める世界地図」 、しかしそこから這い出そうとするポジティブさに溢れた 「僕は頑張るよっ」 、遠い昔に感じた淡い気持ちをリリカルに綴る 「映画」 、そして年を重ねてなお現在進行形で続く 「夏休み」 。音楽的に目新しさはないですが、少しずつ外に開けてきてるの子の躁モードが反映された、素直に良いと言える彼ら流のギターポップがズラズラと。8月32日というのは永遠に夏休みを終わらせない社会からの逃避かもしれないし、ひと夏のキラメキや高揚感を忘れまいとするノスタルジー、そこから未来への活力へと転じる前向きな姿勢かもしれない。ついでに言えばここに収められた楽曲以外にもネット上には秀曲が転がってるし、まだオワコン認定には早いかもね。


Rating: 8.2/10
Links: 【公式】 【公式(ワーナー)】 【MySpace】 【Wikiepdia