読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








THE TEENAGE KISSERS 「VIRGIN FIELD」

VIRGIN FIELD

VIRGIN FIELD

2012年結成の4人組による初フルレンス。


メンバーの過去の経歴については一旦置いときましょう。ギッチギチに歪んだノイジーなグランジサウンドに、挑発的でサディスティック、かつキュートな面も覗かせるヴォーカル。さらには退廃的でスタイリッシュなファッション性もあり、即座に Hole や Daisy Chainsaw を連想させるヘヴィゴシックパンク。日本で女性がこういうビッチスタイルを演ると、やたらとベタなロックスター然としたものに陥ってしまいがちだと思うのですが、彼女らはそこに一線引いた、したたかでクールなイメージを見せることに成功していると思います。前半は刺々しく毛羽立った音を叩き付ける攻撃曲の連発。メロディもリフも必要最低限のシンプルさ、グルーヴもレイドバック気味でやたらと無愛想な印象がありますが、音を一発出した時のインパクトはなかなか強く、半ば強引に聴かせてしまうくらいの初期衝動的なパワーがあります。後半に入るとポップな要素が徐々に強くなり、特に 「I Love You And Kiss Me」 などは日本語詞なのも相まってかなりライトな聴き心地。このヘヴィとポップのバランスをさらに高められれば、次はさらに凄いのが出来そうな予感も。ただジャケットはどうなんすかねコレ…。

Rating: 7.3/10