読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








United Nations 「The Next Four Years」

Next Four Years

Next Four Years

Geoff Rickly (Thursday) を中心とする5人組の約6年ぶり2作目。


過去には Converge や Glassjaw のメンバーも在籍していたとのことで、その筋の辣腕が揃っただけあっての凄絶なハードコア・パンクとなっています。 Thursday の頃のようなモダンに洗練されたニュースクール・エモではなく、ポップなメロディはほとんど排除。ヴォーカルは血管ブチ切れる勢いでほぼ全編スクリームしっぱなし、再生した瞬間から土石流のごとく雪崩れ込むディストーション・サウンド。ただデス/ブラックメタルにも通じる苛烈なアグレッションがある一方で、シリアスでナイーブな切迫感、青々とした憂いといった叙情性も同時に滲ませているのは、やはり彼らの根幹がエモにあるからでしょうか。1〜3分台の爆走チューンが心身ともに強く突き上げてくれるのはもちろんのこと、唯一の長尺曲 「F#A#$」 ではその深いエモーションが大爆発。荒涼とした静パートが緊張の糸を巡らせ、まるで祈りのような激しさが途方もないスケールで響き渡る。 Temporary Residence のレーベルカラーど真ん中を行く真摯さがあるとも言えますが、その魅力とハードコアの野蛮さが激しく拮抗する力作です。

Rating: 7.9/10