読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








The Bug 「Angels & Devils」

Angels & Devils

Angels & Devils

UK 出身、 Kevin Martin によるソロユニットの6年ぶり4作目。


前作 「London Zoo」 はダンスホール・レゲエをテーマとしながら、鬼気迫るほどのドープな音響処理でダブステップシーンにおいて異彩を放っていました。しかし今回はレゲエ抜きの真っ当なダブステップへと立ち帰っており、場面によってはインダストリアルの領域へも突入した冷徹なサウンドを体感できます。前半は Liz Harris (Grouper) など女性ヴォーカルをフィーチャーし、アンビエント的浮遊感を醸し出しながらも緊張感は一切緩めず、サイコホラー風の不気味なダークネスを徐々に染み渡らせていく。例えば 「The Fragile」 時の Nine Inch Nails にも通じる気の吐き様。そして後半に入るとゲストラッパーを招いたアグレッシブな路線へとシフトし、鉄槌のようなビートの連打、扇情的なラップの畳み掛けが否応なしに身体を突き上げる。特に Death Grips 参加の 「Fuck A Bitch」 では胸倉掴まれる勢いのバイオレントな殺気がビンビン。この凄まじくガラの悪いオラオラ肉体派のダブステは彼ならでは。静の前半、動の後半という対照的な構成で、アルバム表題もその二面性を指しているかと思いますが、実際の所どちらも悪魔じゃないかなと。

Rating: 8.0/10