読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








me-al art 「NEW WORLD」

NEW WORLD

NEW WORLD

茨城出身の4人組による、5年ぶり4作目。


黒虫芸術からのリリースということである程度身構えて聴いたのですが、予想とは別の角度からノックアウトされた心地です。まず印象的なのは川崎里子のヴォーカル。ふくよかな丸みを帯びながら、ある種ディーヴァ的、演歌的一歩手前の豊かな情感、身体の奥底から開放されるようなパワフルさを見せる。さらには楽曲も良い意味で歌謡曲風の印象が強く、ドラマチックな切なさ、深い陰翳を湛えたメロディが快活な疾走感でブーストされる。ピアノやストリングスの装飾もふんだんに用い、随分と外連味が強くなりそうなものだけど不思議と風通しの良い聴き心地。近い所では UNLIMITS や school food punishment あたりかなと思うのですが、ドメスティックな湿り気の強さがキレのある演奏で上手く中和されている、この絶妙なバランスは彼女ら特有のものでしょう。特筆すべきは COCK ROACH 「鸞弥栄」 のカヴァー。ドス黒い怨念渦巻く COCK ROACH の中でも比較的メロディの哀愁が立った聴きやすい楽曲で、割と素直なアレンジながら原曲のキナ臭さが程良く抜け、今作の方向性と完全に合致。バンドの力量が十分に発揮されてると思います。

Rating: 8.5/10