Serph 「Heartstrings」

Heartstrings

Heartstrings

東京出身のソロユニットによる3作目。


寓話の世界へようこそ。オーケストラルなストリングス/ピアノの音色を前面にフィーチャーし、エレクトロニカ的手法で自在にエディット。それを細切れのビート/シンセと絡めて空間的に散りばめる。ちょうど world’s end girlfriendJoseph Nothing系譜にあたる、マジカル・ロマンチック・フリースタイルなインスト・エレクトロポップです。前述のアーティストと比べてダークな毒気や緊張感などは薄いですが、そのぶんポップさがより前に出ており、エレクトリカル・パレードのごとく流麗かつ華やかに世界を彩り、意識を奪って過ぎていく。良い意味での敷居の低さがありつつ、ただポップで聴きやすいばかりではなく、仕掛けもそこかしこに満載。例えばオープナーの 「luck」 などはやや荘厳なムードから始まり、不意にノスタルジックなチップチューン的シンセが暴れ、軽やかな疾走感と一抹の切なさが高く突き抜ける佳曲。その他 「cityscape」 「NILE」 ではジャズのエッセンスを取り入れてより洗練された音世界を見せたり、 「twilighte」 では朝の目覚めのように穏やかなアンビエンスも感じられます。まとまったアイディアで曲構成にもっとメリハリがつけば、さらに面白くなるかも。


Rating: 7.4/10
Links: 【MySpace