読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








fhána「What a Wonderful World Line」

What a Wonderful World Line(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

What a Wonderful World Line(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)

2012年結成の4人組による、1年2ヶ月ぶり2作目。


声について。ここでの towana 嬢は前作同様に溌剌とした伸びのあるヴォーカルを披露し、楽曲の持つ清涼感、素直なメロディをそのまま真っ当に引き立てています。ただやはり前作でも感じたように、どの曲においても表情が一辺倒でニュアンスに欠ける気がする。まあ個人的な好みに依る部分も大きいかとは思いますが、あまりにクセが無さすぎるその潔癖さにはどうも見えない壁を感じてしまうのですね。それでも楽曲としては、特に中盤あたり耳を惹く箇所が多いです。幻想的な浮遊感のシンセポップ「Antivirus」、キーボード佐藤純一とのツインヴォーカルによる「Critique & Curation」、祝祭の多幸感に自然と包み込まれる「c.a.t.」と、バンドの振り幅の広さをアピールするカラフルな流れ。佐藤氏のしなやかな歌声は力の入りがちな towana 嬢とは対照的で良いアクセントになってるし、エレクトロニカ風アプローチも上手くポップに結びついてる。リリースの数を経ることで彼らの中で使える引き出しが徐々に増えているのかもしれません。何ならもっと大胆にアレンジに凝りまくった方がこのバンドの場合は面白くなるのでは。まだリミッターが切れてない感がある。

Rating: 5.4/10



fhána 「What a Wonderful World Line」 MUSIC VIDEO