読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








HINTO 「NERVOUS PARTY」

NERVOUS PARTY

NERVOUS PARTY

2010年結成の4人組による、2年ぶり2作目。


現在は4人中3人が元 SPARTA LOCALS とのことですが、俺はその前身についてはほとんど無知なので申し訳ないです。ただその頃から大きく路線を変えることなく、持ち前のストレンジなポップ感を深化させてきたのかなと思います。まずオープナー 「かなしみアップデイト」 のキテレツなギターサウンドに面食らう。シティポップ的でありポストパンク的でもあるという居心地の悪い中間地点で、どれだけ力を込めて弾いても出音に反映されなさそうな、ギターをギターと見なしていない素っ頓狂な音が満載。それがディスコ・ファンクネスを吸収した洒脱なダンスグルーヴに乗り、耳馴染みの良いメロディと一体化してそこはかとない哀愁を醸し出す。特にキャッチーなフックを持った冒頭3曲の畳み掛けであったり、夏の終わりのムードが穏やかに涙を誘う 「シーズナル」 やほとんど悪ふざけのような 「はんぶんゾンビ」 など、非常に粒の立った楽曲群。微妙に ZAZEN BOYSフジファブリック、初期の OGRE YOU ASSHOLE なんかに通じる部分もあるように思いますが、このある種の変態性はゼロ年代を通過したバンド特有のものでしょうか。ちと抗えない感がある。

Rating: 8.4/10