Aphex Twin 「Computer Controlled Acoustic Instruments Pt2」

前作からわずか4ヶ月ぶりの EP 作品。


アルバム表題を額面通りに受け取るなら、アコースティック楽器の音色をエディット/サンプリングした、言わばフォークトロニカ的な作品ということですが、それにしてもこの底意地の悪さはどうだ。前作 「Syro」 は彼のメイン・ディスコグラフィを総括し、ポップに提示してみせた 「よそ行き」 のリチャードでしたが、今回は彼の実験精神が強く表れたマニアックな内容。生音を基調としていながら生音ならではの暖かみといったものは敢えてオミットされており、リズムトラックこそファンキーな躍動感を携えてはいるものの、その上に重ねられたピアノの反復フレーズはなんともダークで神経症的。長いものは5分から短いものは数秒まで、様々な音の断片が組曲的に繋ぎ合わされており、そのサウンドスケープはひどく無機質でアブストラクト、なおかつネチっこい悪意が確実に音の裏側で蠢いてる。後半 「disk prep calrec2 barn dance [slo]」 など、この気色悪さは下手すれば Throbbing Gristle の領域じゃないかと。マス規模の嫌がらせですよ。エイフェックス未聴の方には薦めづらいですが、彼がいまだ棘の部分を失っていないことが再確認できる怪作です。

Rating: 6.8/10



Diskhat ALL Prepared1mixed [snr2mix] by aphextwin - Hear the world’s sounds