読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる








PLASTICZOOMS「PLASTICZOOMS」

PLASTICZOOMS

PLASTICZOOMS

フルレンスとしては3年3ヶ月ぶりとなる4作目。


2015年から1年間ベルリンに活動拠点を移していた彼ら。何故ニューヨークでもロンドンでもなくベルリンだったのか、それはこの新作を聴いて腑に落ちました。これまでの80年代ニューウェーブ由来のシンセポップから EBM /インダストリアルへと趣向が変わり、くっきり音圧の際立ったダイナミックなボディビートが最も特徴的。ガチガチの太いキックに大きく噛みつくディストーションギター、ある種本来的なロックへの回帰とも言える派手な躍動感は一周回って新鮮なもの。しかしそこにも耽美的でロマンチック、なおかつアングラなキナ臭さを同時に匂わせる、従来の彼らならではの味は健在です。個々の音をよりシンプルかつタフに仕上げ、より強固な肉体性を得ることでバンドのゴス性がまた新たな領域に足を踏み入れています。また中盤ではディスコ/ファンクへの憧憬が露わになる「Highway」、牧歌的でキュートなギターロック「U12」といった艶やかな楽曲で緩急をつけており、この辺にも彼らの根底部分が現在に至るまで途切れずに繋がっていることが分かる。これまでの集大成ではなく、進化こそがこのバンドの本質なのだと印象付けるセルフタイトル作。

Rating: 7.5/10



PLASTICZOOMS"HIGHWAY" ft.HIDEKI MATSUTAKE&MICHIKO LONDON KOSHINO